買ってよかったもの

アイリスオーヤマのヨーグルトメーカーはローストビーフも作れる便利グッズ!

2018 04 13 00 57 52

どうも!トーマスです。

ダイエット中にヨーグルトを食べまくっていたので、ヨーグルトメーカー買って、自分で作ったほうが経済的なんじゃないかって思ってヨーグルトメーカーを購入しました!

ヨーグルトメーカーは当然ヨーグルトを作るものですが、それだけじゃなく、甘酒、塩麹、納豆など色々作れるのがすごいところです。

今回はヨーグルトメーカを使ったヨーグルトの作り方とローストビーフの作り方も紹介します。

ヨーグルトメーカーのセット内容

まずはセット内容から。

2018 04 04 22 07 542
  • ①本体
  • ②容器
  • ③計量スプーン
  • ④牛乳パック用ふた
  • ⑤水切りカップ
  • ⑥レシピブック
  • ⑦説明書

自家製ヨーグルトの作り方

それでは早速、ヨーグルト作ってみましょう!

材料:たった2つ!

自家製ヨーグルトを作るために必要な材料はたった2つ。

  • 牛乳1リットル
  • ヨーグルト110g

今回はローソンで買った牛乳と、オイコスのプレーンヨーグルトを使います。

付属のレシピには牛乳900mlに対してヨーグルト100gとありますが、大体このくらいの割合であれば大丈夫です。

2018 04 04 22 10 22

工程は超簡単!

まずは牛乳パックの口を開いて、ヨーグルトを入れます。

もちろん、付属の専用容器を使って作ることもできます。

※スプーンは熱湯で殺菌消毒しておくこと。殺菌しないと、雑菌も一緒に培養されます。

2018 04 04 22 13 04

スプーンでしっかり混ぜます。

2018 04 04 22 13 57

牛乳パック用のふたで口をとめます。このふたは外れやすいので、洗濯バサミやクリップのようなもので留めてもいいです。

2018 04 04 22 14 48

本体に牛乳パックをセットして、温度を40℃、タイマーを8時間に設定します。

2018 04 04 22 15 54

たったこれだけ。めちゃくちゃ簡単ですね!

出来上がりはこんな感じ

見て下さい!どっからどう見てもヨーグルトですよ。

当然、味の付いてないプレーンヨーグルトなので、このまま食べてもあまりおいしくないです。

オリゴ糖、はちみつ、フルーツソースなどで甘さを加えてあげるとおいしく食べられます。

その他のレシピ

豆乳ヨーグルト

材料は上で紹介したヨーグルトとほぼ同じで、違うのは牛乳の代わりに豆乳を使うこと。

  • 豆乳1リットル
  • ヨーグルト110g

豆腐も作れるような濃いめの豆乳が成功しやすいです。

一度、薄い豆乳でやったら、ヨーグルトと水分が分離してしまいました笑

2018 04 10 20 36 07

牛乳の時と同じように、本体に豆乳パックをセットして、温度を40℃、タイマーを8時間に設定します。

2018 04 11 19 37 03

牛乳で作ったヨーグルトと比べて、少し濃いめのヨーグルトができます!

豆乳ヨーグルトは食べてみると、良い意味で豆っぽさはほとんどなく、牛乳で作ったヨーグルトと比べてまったく違和感なく食べられます。

ローストビーフ

使う材料はローストビーフ用の牛モモ肉のみ。

2018 04 11 22 17 16

まずは塩胡椒で下味をつけて、表面に焼き色をつけます。

2018 04 11 22 21 18

表面を焼いたら、ラップで包んで、それをジップロックに入れます。

それを専用の容器に入れて、隙間に沸騰したお湯をたっぷりと注ぎます。

2018 04 11 22 30 44

それを本体にセットして、最高温度の65℃でタイマーを2時間に設定します。

2018 04 11 22 31 10

2時間後できあがったのがこちら。おいしそうにできあがってます。

2018 04 13 00 57 52

今回使用したヨーグルトメーカーはこちら。