江東区をよりリアルに伝えるWebマガジン
グルメ

洋食や三代目たいめいけん|実食レビュー!気になるメニューや料金は?

どうも!トーマスです。

お台場のダイバーシティのフードコートに、日本橋の有名な洋食屋「たいめいけん」が入っていると聞いて早速行ってきました!
たいめいけんといえば、オムライスが有名ですが、あの老舗の名物オムライスが、気軽に楽しめると聞いて気になりますよね。

この記事ではダイバーシティにある「洋食や三代目たいめいけん」を紹介していきます。

お台場にある「洋食や三代目たいめいけん ダイバーシティ東京プラザ店」はどんな店?

ダイバーシティのフードコート内にあります。本店のような老舗感はありませんが、洋食屋の雰囲気はあります。

洋食や三代目たいめいけん ダイバーシティ東京プラザ店

洋食や三代目たいめいけん ダイバーシティ東京プラザ店のメニューは?

オムライス、カレーライス、ハヤシライス、ハンバーグなど洋食メニューがあって、料金は1000円前後です。

洋食や三代目たいめいけん ダイバーシティ東京プラザ店

オムライスとの組み合わせメニューもあって、ハンバーグやメンチカツなどと組み合わせられます。こちらは1500円前後です。

洋食や三代目たいめいけん ダイバーシティ東京プラザ店

フードコートで一食で1,500円となると高い気がしますが、オムライスと、ハンバーグなどをそれぞれ単品で注文すると2000円近くなるので、コンビメニューは結構お得です。

いざ、実食!!「洋食や三代目たいめいけん」のオムライスとハンバーグはどんな感じ?

今回注文したのは、「オムライス&国産粗挽きハンバーグ(1,460円)」
オムライスは注文時にソースやサイズを選ぶことができます。

洋食や三代目たいめいけん ダイバーシティ東京プラザ店

それでは紹介していきます!

オムライス

見た目がすごく美しいオムライス。もちろん表面に焦げ目はなく、きれいな黄色をしています。素人が作ると、折り目がついたり、ヨレたりするんですが、それも一切ない!まさに職人技です。

洋食や三代目たいめいけん ダイバーシティ東京プラザ店

内側は卵がトロトロになっていて、ほど良い半熟加減なので、中のチキンライスとの絡みも良いです。厚みがあれば、素人でも半熟に作ることができますが、この薄さでこのトロトロ加減はかなり難しいです。

洋食や三代目たいめいけん ダイバーシティ東京プラザ店

口に入れると、バターの香りがふわーっと広がります。ケチャップのほどよい甘みもあって、うまい!オムライス自体は家庭でも作れるものですが、このクオリティは家庭ではなかなか難しい。そんなクオリティの高いオムライスで、大満足!

国産粗挽きハンバーグ

外側はしっかり焼き目がついていて、中はふっくらしたハンバーグ。
肉汁は控えめですが、いい感じの粗挽きなので、肉々しさがあります。

洋食や三代目たいめいけん ダイバーシティ東京プラザ店

デミグラスソースが濃厚でハンバーグとの相性が抜群!
フードコートでこのクオリティのハンバーグが食べられるとは思いませんでした。

お台場の「洋食や三代目たいめいけん」はTwitterでも話題!

お台場にある「洋食や三代目たいめいけん」のアクセス・営業時間などの基本情報

関連ランキング:オムライス | 台場駅船の科学館駅東京テレポート駅

まとめ:洋食や三代目たいめいけん ダイバーシティ東京プラザ店はフードコートとは思えないクオリティ!

今回、オムライスとハンバーグをいただきましたが、どちらもフードコートとは思えないクオリティの高さで驚きました!
日本橋の本店と比べるとリーズナブルで、気軽に食べられるので、おすすめです。

▼こちらの記事もおすすめ

ダイバーシティのフードコートまとめ!絶対行くべきおすすめの店を紹介! どうも!トーマスです。 お台場にあるダイバーシティ東京プラザ。ダイバーシティのフードコートには全国の人気店が集結していて、...